本文へ移動

女性SE対談

学ぼうという気持ちさえあれば、
入社前の知識や経験は関係ない。
 
大海 FBSが得意としている金融系システム開発は、規模も大きいし、何だか堅苦しいイメージもある。SEを目指す女性も増えているけど、やっぱり女子には重たすぎる世界、という印象があると思うのね。横田さんは、どうしてFBSに入社したの?
 
横田 私は大学でC言語を使ったプログラミングを学んでいました。就職活動でもSEとして働くのが会社に一番、貢献できるだろうと考えました。それで、すごく正直に言うと、メガバンクのシステム開発なら、地方への転勤はまずないだろう、と思ったんです。私は東京の出身で、どうしても実家を離れたくなかった。そこで、メガバンクのシステム開発で実績のあるFBSに入社することを希望したんです。
 
大海 なるほど、そういう考え方もあったのか。私は文系の出身だし、学生時代のパソコン経験はワードやパワーポイントを触る程度。だから就職活動でもIT業界は選択肢に入れていなかったのね。でも、合同会社説明会で当社の方からお話を聞く機会があって、会社や社員の雰囲気にすごく魅力を感じた。コンピュータが苦手でも、新人研修や職場でのOJT(=実際の仕事を通じて、必要な技術、能力、知識、あるいは態度や価値観などを身に付けさせる教育訓練のこと)でしっかり指導してくれる、という説明を受けて、この会社で働いてみたいなあと思った。
 
横田 私はプログラミングには自信があったんですが、人と話すのが苦手で。新人研修ではコミュニケーションスキルを学べたので助かりました。
 
大海 私は生まれて初めてCOBOLなんて言語に触れたけど、それほど苦労せずに基礎的な技術を学べた気がする。
 
地道な作業を積み重ねていく仕事だから、
女性の決め細やかな感性が求められている。
 
横田 大海さんと私は、同じビルの中で働いているんですけど、日ごろお会いすることってあまりありませんよね。今はお客様の側に出向するという形になっているんでしたっけ?
 
大海 そうなの。FBSはメガバンクの情報システム関連会社を経由する形で案件をいただいているでしょう?私は今、その情報システム関連会社に席を置いていて、メガバンクの担当者の方からの要望を取りまとめて、FBSをはじめとする開発会社に依頼するのが仕事。上流工程のさらに上流の部分だから、自分でプログラムを書くことはまったくない。銀行業務についての専門知識が求められる仕事だから、入社3年目に今の職場に配属された時はすごく苦労したな。
 
横田 私が現在、所属しているのは市場系と呼ばれる銀行システムの保守や開発をするプロジェクト。新規でプログラムを書くこともあるのですが、仕事の大半は調査報告書を作ったり、できあがったプログラムをテストすることですね。もともと、自分で大量のプログラムを書くよりは、システムを設計したり、細部を詰めていったりするような仕事がしたいと思っていたので、かなり理想に近い職場です。
 
大海 金融系のシステム開発って女性には重たい印象がある、という話をしたけど、実は女性に適した仕事だという気がしない?
 
横田 はい。それは職場の上司からも言われたことがあります。信頼性や安定性がすべてともいえる銀行システムだけに、細かいことを丁寧に積み重ねていく必要がある。だから、女性のきめ細やかな感性が必要だ、と。
 
結婚や出産を経ても、女性が長く働ける職場だと思う。
 
大海 女性が安心して長く働き続けられる、という点でも、FBSはかなりお勧めできる会社だと思う。実際に育児休暇を取得した人や育児のための時短勤務を利用している人もいる。結婚や出産を経ても、家庭と仕事を両立できる会社だよね。
 
横田 それに、そもそも金融系のシステム開発は、安全に稼動させるのが最大の目的だから、開発スケジュールそのものに余裕がある。もちろん、何か問題が発生すれば遅くまで残業をすることもあるけど、それが1年に何日あるか、という話ですよね。
 
大海 SEが肉体的にハードな仕事だと思っている人は、ぜひ、金融系システム開発の会社に興味を持って欲しい。事務職を目指しているけど、何の責任も権限もない仕事では物足りない、と考えている人には、実はぴったりなんじゃないかと思うんだよね。一生もののスキルが身に付くし。
 
横田 まだまだ男性中心職場だからこそ、これからは女性エンジニアが増えていくといいですよね。実力さえあれば、大海さんみたいにキャリアアップするチャンスも十分にある職場ですし。私も将来はマネージメントの仕事につけるように、スキルを磨いていきたいと思っています。
 
大海 今日は、久しぶりに話せて楽しかったね。また近いうち、お昼でも一緒に行きましょう。
TOPへ戻る