本文へ移動

沿革・トピックス

株式会社FBSは、2011年(平成23年)4月1日東証一部上場企業の株式会社システナから金融機関向けシステム開発事業の一部を買収して独立し、事業を開始しました。
当社が買収した金融機関向けシステム開発事業は、下図のとおり、当社の前身会社である日本ソフトウェア開発株式会社(NSK)、カテナ株式会社および株式会社システナの3社を通じて50年の業歴を誇る事業で、メガバンク等のお客様からも高い評価を受けており、当社の最大の強みとなっております。
 
2011年
(平成23年)
2月
金融系システム開発を中心としたコンピュータ・システム開発を目的に、資本金150万円にて東京都千代田区に株式会社FBSを設立しました。
3月
番特定労働者派遣事業の届出を行いました届出号:(特13-313735)。
4月
株式会社システナより金融機関向けシステム開発事業の一部をMBO(経営陣による事業買収)方式にて買収し、事業を開始しました。なお、買収に伴い、買収した事業に従事していた社員160名もFBSに移籍しました。
東京中小企業投資育成株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施しました。その結果、資本金は1億円となり、東京中小企業投資育成株式会社が筆頭株主となりました(議決権比率で50%)。
2012年
(平成24年)
3月
個人情報保護等、情報セキュリティ体制の確立のため、「JIS Q15001:プライバシーマーク」の認証を取得しました(認証番号:第17001076)。
2014年
(平成26年)
5月
富士通株式会社グループより「富士通コアパートナー」の認定を受けました。
2016年
(平成28年)
4月
「創立5周年記念式典」を開催しました。
5~6月
創立5周年特別提案制度を実施し、品質・生産性・現場力等の向上に資する222件もの提案がありました。
7月
「働きやすく、働きがいのある会社(組織)」を実現するため、社員満足度とFBSの今後の成長課題を把握するため、外部機関(東京中小企業投資育成株式会社&公益財団法人日本生産性本部)に委託し、「社員満足度調査」を実施しました。
調査結果は満足度指数が65.5となり、「非常に良好」という最上位の評価を獲得することができました。
8月
結婚、出産、育児、介護等やむをえない事情で退職した社員が再びFBSで活躍できるように、再入社制度である「ジョブ・リターン制度」を新設しました。
9月
FBS社員持株会を引受先とする第三者割当増資を実施しました。その結果、資本金は1億18百万円となり、FBS社員持株会が筆頭株主となりました(議決権比率:40.7%)。
2017年
(平成29年)
2月
税制優遇措置を得るため、資本金を1億円に減資しました。
4月
労働者派遣法の改正による派遣事業の区別の廃止に伴い、労働者派遣事業の許可を取得しました(許可番号:派13-307508)。
10月
株式会社NTTデータより「アソシエイトパートナー」の認定を受けました。
2020年
(令和2年)
4月
代表取締役の異動により、
代表取締役会長 平本 謹一
代表取締役社長 岩瀬 直樹   となりました。
TOPへ戻る