採用情報

トップページ  >  事業内容  >  銀行システム開発

銀行システム開発

メガバンクの基幹業務システム全般の設計・開発事業を幅広く展開し、銀行システムの様々なITソリューション提案を行っています。

最も重要な決済業務(預金・ATM・口座振替・ネットバンキング)を筆頭に、送金をはじめとする為替業務や融資・ローン業務を中心に幅広く携わっています。国際系システムにおいては、基幹となる国際勘定系システムに加え、成長著しいアジアに対応するトランザクションバンキングシステムの開発も行っています。また、銀行内部で重要な情報系業務や、一般にはあまり聞き慣れないデリバティブ商品システムの開発も行っています。

  • 預金システム
  • 内・外国為替システム
  • 融資・ローンシステム
  • 国際系・市場系システム
  • 営業店端末システム
  • 情報系システム

預金システム

預金システム

銀行の中核業務ともいえる預金を扱うシステムです。法人、個人のお客様からの現金の預け入れ、引き出し、振込み等を処理し、預金口座を管理します。高度な安定性とセキュリティーを求められるシステムのため、汎用機と呼ばれる大型高性能のコンピュータで処理がおこなわれ、ATM・ネットワーク及び営業店端末とも密接に連携しています。

内・外国為替システム

内・外国為替システム

為替とは国内外でお金のやり取りをする際、直接、現金を移送することなく決済する方法のこと。日本国内では各銀行が全国銀行データ通信システムに接続することで決済をおこなっています。また外国為替はインターバンク(外国為替)市場を通じ、各国の銀行システムと決済の処理を行っています。

融資・ローンシステム

融資・ローンシステム

住宅ローンのほか、個人・法人向けの有担保・無担保ローンなど、さまざまなローン商品の提供と、融資業務に関わる事務処理の合理化といったニーズにこたえていきます。

国際系・市場系システム

国際系・市場系システム

国際系システムは銀行の海外支店の業務処理を司る勘定系システムと投資を含む海外の金融機関との決済のために使用されるシステムに分類されます。また銀行はお客様から預かった預金を企業や個人に融資するほか有価証券や金融派生商品などに投資することで収益を生み出しています。この際、世界の投資市場の分析や、売り・買いの指示、資金の管理などに使用されるのが市場系システムです。

営業店端末システム

営業店端末システム

営業店端末システムとは、銀行内で使用される取引端末や、一般のお客様が使用するATMなどを統合したシステムのこと。預金システム、情報系システムなどとの連携を図るため、多くのサーバー群で構成された大規模なシステムとなっています。

情報系システム

情報系システム

情報系システムとは、銀行が日々の業務を行う中で蓄積されていく取引データを加工して提供するシステム。銀行の収益を管理するだけでなく、営業支援、商品開発などにも利用されます。

ページの上部に戻る